建築舎 ゆわんと村
建築舎 ゆわんと村
木だけで家を作ることが出来る工法

『板倉造り』は、12センチ角の柱と柱の間に厚さ3センチの厚い板をに落としこむ工法で、耐震性、防火性、調湿性にすぐれたバランスの良い家を造ることができます。

筋交いを入れないで板のみでゆるやかに力を分散する耐震壁は、柱や梁に無理な負担をかけないため、昔ながらの込み栓(木のせん)や伝統的な接合方法が可能になり、柱のホゾを活かした大変ねばり強い建物になります。 また、家のほとんどを木で造ることができるので森林資源の有効活用や環境保全の視点からも大変優れています。

瀬戸漆喰 瀬戸漆喰
瀬戸漆喰 瀬戸漆喰 瀬戸漆喰